スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾長のフォーミュラー参戦記9

こんにちは!!
レーシングスクール塾長です。
今回の参戦記9でとりあえず、最終回です。
はじめの頃は最後まで書けるかどうか、心配だったのですが、
(結構めんどくさがりなので・・・)
皆さんに会うたびに、「ブログ見てるよ」とか「頑張ってね」
と言う、暖かい言葉に励まされながら、
なんとか最終回までたどり着くことが出来ました。
レースの結果は、リザルトなどで知っている人も多いと思いますが、
リザルトだけでは伝わらない、細かい部分を、
書いていきたいと思いますので、最後のフォーミュラー参戦記を
是非、お楽しみください!!!


それでは、最終回の始まり始まり~↑↑↑


10月16日

いよいよレース当日!!
この日は、予選開始が10時からなので、
体調をベストの状態持っていくために、
前日は22:30に就寝して、5:50には起床しました。
(医学的には、体が起きるまで4時間はかかるみたいです)

朝、目が覚めると・・・・
175.jpg

雲一つ無い快晴でした・・・(-_-;)

「レースの神様というのがいるのなら、
どうしてこんなにも、僕に試練を与えるのでしょうか・・・!?」

この時ばかりはそう思いました!!!


でも予選は午前中!!!

せめて予選くらいは、レインでいけるかも・・・?
コースへ急ぎます!!!

204.jpg
207.jpg


そんな気配はまっつたくありませんでした・・・(-_-;)

とりあえず、コースに着いたら、レースの受付をさっさと済まし!
176.jpg


すぐにドライのイメージトレーニングに入ります。
186.jpg


イメージトレーニング中に車検員の人たちが来て、
装備品やマシンの点検などをしていきました。
198.jpg
200.jpg


車検が終わればいよいよ予選の始まりです!!!

まずは別のカテゴリーから始まり、S-FJは4番目です。
213.jpg


そして、いよいよ15分間の予選が始まります!!!
事実上ドライでの東コースは2回目!!!
始まったからには、余計なことは考えず、とにかく全力です!!!
203.jpg


そして、予選がはじまりました。

まずはあまりにも、ドライの走行時間が少なかった為、
いきなりイメージ通り行って、飛び出しやスピンをしたら、
もともこうもありません!!!
計算をしたら、15分間で15~16周は出来るので、
1周~6周位までは、限界を探ることにします。

1コーナーのブレーキングポイントを、80m位から徐々に詰めていき、
6週目には50m位まで詰めます。

いよいよアタック開始!!!

まずは、タワーに出ている自分の順位を確認!!!


すると!



20台中



20位・・・・・・



エ゛ェッーーーーー!!!


「いくら限界を探りながらとはいえ、最下位は無いな~」
と一瞬思いましたが、
「皆フルシーズン頑張ってきた最終戦なんだし、ま、こんなもんだろう」
と、すぐに納得しました。

タワーを見て残り時間を確認すると、残り9分!!!

こうなったら、そのフルシーズンドライバー達に
挑戦する気持ちでアタックに入ります!!!


7週目


19番手!!!


8週目


18番手!!!

少しづつドライの感じを掴んできました!!!

「よーしっ!これから!!!」
気合を入れ直したときに!!!



なんと・・・



赤旗・・・・!!!




冗談キツイ!!!


「頼む・・・このまま中断だけはやめてくれ・・・」
そう祈りながらピットに戻ります!


ピットで放送が流れます・・・


「最終コーナーのクラッシュ車両撤去後、残り4分で再スタートします!」


「よしっ! 中断だけはなんとかまぬがれた!!!」
それと同時に、
「4分は微妙だな」
とも思いました!

ですが、可能性があるなら全力でやる!!
そう自分に言い聞かせ、残り4分の予選に向かいました!

4分間を全力で攻めます!
ターンインの時に、車速を上げていくと、オーバー気味になる・・・・
必死に抑え続けながら、アタックを続けます。


結果は・・・・・!?



17番手・・・!!



トップから1.7秒差・・・!!


やっぱりキビシー!!!

みんなフルシーズン、必死に練習してきている!!!
【8年ぶりのしかもスポットで、チョロっと出ても、
通用なんてするわけない事を再確認しました!!】


でも、せっかく挑戦したのだから、何かを得て帰らないと意味が無い!!
参戦費用も、決して安くは無いので、
何か一つでも持って帰ろうと、必死で考えます。
161.jpg



テイクファースト出身のF3ドライバーの西本君にも、相談します。
235.jpg


結果!ターンイン時のオーバーを無くすために、
リアのスプリングを柔らかくしていく事にしました!!
129.jpg


そうこうしているうちに決勝前の、ドライバーズミーティングが始まります。
230.jpg



そしていよいよ決勝です!!
216.jpg

(決勝の動画を、三浦さんが取ってくれたので、後日アップします)


「失うものは何もない・・!!」
そう思い、17番グリットに付きます!


フォーメーションラップを終え!


ファイブシグナルスタートで、レッドが消え!


スタート!!

回転数は5500位でクラッチミート!!!
少しホイルスピンを起こした位で、
なんとか普通にスタートしたところ、目の前で2台がクラッシュ!!!

外れたノーズが自分の目の前を、通過していきました・・・・(-_-;)


あぶね~!!

そうこうしている内に、1台にパスされ、
1コーナーまでに1台パスして、15位でオープニングラップ!

予選が遅かっただけあって、
決勝では下位グループについていくのが精一杯です!!!

スタート前に変更したセットも、
意外と外れていてターンイン時のオーバーに苦しみます!!

なんとかレース中に、相手のミスにつけ込み、2台をパスして13位!!!

ゴールしてみると、
もう2台がクラッシュによりリタイヤなため、
結果は、11位でした。


・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・


レース後は、悔しいやら、
情けないやらで胸がいっぱいになりました・・・(´;ω;`)

でも、これもレースです・・・

当然1位は一人しかいませんし、チャンピオンも一人です。

大切なのは、その中で自分が納得出来るレースが出来るかどうか!!!
納得出来ないのであれば、それに見合う努力が、出来たかどうかだと思います!


その観点から見れば、まだまだ足りない!!!
きっとこの悔しさは、成績が悪いからではなく、
自分のやってきた事に対する、取り組みの【甘さ】からきているものです!!!


もう一度挑戦したい!!!


次こそは納得のいくレースがしたい!!!

強く思いました!!!
そう思ったら、とりあえず計画を練り、段取りにかかります!

北海道に帰ってきて、、仕事のスケジュール調整をして、
嫁に許可申請を申し出たところ・・・!?

なんとかOKを貰うことが出来ました(#^.^#)
(いつもいつも、僕の急なわがままを聞いてくれる、うちの嫁に感謝です)
ありがとうございます!!


という訳で・・・・


12月10日・11日に開催される。
S-FJの日本一決定戦に出場することになりました~
(#^.^#)

もっともっと真剣に取り組んで、
今度こそ納得の出来るレースにしてこようと思ってます。


ほんと、長文ばかりでマニアックな単語ばかりの、
読みずらいブログに最後まで付き合っていただき、
ありがとうございました。

ブログはこれで最後になりますが、日本一決定戦も、
結果くらいは書こうかと思ってますので、アップされた際には、
また、よろしくお願いします。



最後に

フォーミュラー参戦相談室にも書きましたが、
フォーミュラーのレースは決して、雲の上の存在ではありません。
目標を立て、それに対して段階的に計画を練り、
一つ一つクリアしていけば、勝つことだって出来るでしょう。
その努力の積み重ねが、たとえプロになれなくても、
人生の糧になると確信しています。
自分の好きなことを、一生懸命やるだけで、得るものが沢山あるなんて、
こんな素晴らしいことは無いと思います。

また、プロになりたい人たちは、現実的にどうしたら、
お金がかからずに、レースが出来るようになるのかを、
考えなくてはなりません。
その中で、ミドルフォーミュラーやS-FJは、
プロになるためには、必ず必要なカテゴリーだと思います。
事実、近年のFTRSやSRSでスカラシップを取っている、
プロドライバーのほとんどが、何らかのミドルフォーミュラーで
練習やレースを経験しているからです。
自分の才能だけを信じ、カート以外何の経験も積まずに、
玉砕覚悟で挑むのは、あまりにももったいないことです。
ですので、限られたお金の中で、どのカテゴリーで、どのような技術を学び、
どこのカテゴリーで勝負をかけるのかを、明確にしてプロへの道を挑んでください!




フォーミュラ相談室






スポンサーサイト

塾長のフォーミュラー参戦記8

こんにちわ!
レーシングスクール塾長です。
レース終了後に、たくさんの人達からメールや電話をいただきました。
たくさんの方達に気にかけていただき、ありがたく思ってます。
本当にありがとうございました。
レースの結果も、既に知っている人も多いと思いますので、
参戦記8では、レースウィークの金曜日と土曜日を書いて、
参戦記9でレース当日を書きますので、少し長いかも知れませんが、
もう少し付き合って下さい。
よろしくお願いします。


10月14日(金曜日)

この日は微妙な天候から始まりました。
1本目はとりあえず、ドライで走ります!

始めての東コース!!!
105.jpg

1コーナーからダンロップまでは、同じなのですが、
最終コーナーが、ショートカットになっていて、上りから下りになるブラインドコーナーで、
しかもスリッピーな、とても難しいコーナーでした。
とりあえず、15分間位、自分なりに攻めて見て、【55,60】!
ちなみに、この時点のトップタイムは【53,10】!

2.5秒差!!!

これは【マズイ】と思い、走り方を大きく変えます。
説明が難しいのですが、、今までのイメージは、
【出来るだけ、直線的にブレーキングをし、フロント荷重のうちに、
車の向きを変え、加速に繋げる走り方】
次は、
【出来るだけ、早め早めにロールさせ、
アクセルオンのタイミングは遅れるが、旋回速度を上げていく走り方】
に変えました。
残り時間も少なかったのですが、なんとか【55.00】まで行って、
ベスト更新!!!

とはいえ、【1.9秒は差がありすぎです!!!】

走り方も前のイメージより、今のイメージの方がいいことが分かったので、
セッティングもそっちの方向にしようかと考えていました。


すると・・・・・


いきなりのスコール!!!
132.jpg

またかよ!!!
少しテンションが落ちます・・・↓↓↓

でも、もうレースウィークなので、そんなことは言ってられません!!


とりあえず、ハーフウェットの中、スリックタイヤで2本目のピットアウト!!!
始めは、1.04.00~1.05.00位でラップしていたのですが、
さらに雨足が強くなり、緊急ピットイン!!!
雨スリックは、正直、死ぬ程怖かったです(-_-;)
ですが、車の滑り出しに慣れるのには最適で、雨スリックのおかげで、
レインタイヤを履いた時の、安心感は、増した気がしました。
そのまま、2本目の途中からテイクファーストの素早いピットワークのおかげで
レインタイヤに付け替えてピットアウト!!!
131.jpg


残り時間が12分少々、レインタイヤでアタック入ります。
タイムは1,02,10トップタイムは59,80!!!

2.3秒もあるじゃん・・・。

さすがにレースウィークなので気持ちも焦ります・・・(汗)
とりあえず2本目終了後に社長とミーティングです。
社長の話によるとS-FJ用のヨコハマのレインタイヤは持ちが悪いらしくエア圧が高めだと
すぐにダメになってしまうため、周りよりもコンマ5低めにしていてみたいです。
タイムが全然ダメだった為、次は0,5上げる事にしました。

そうこうしている内に3本目の走行が始まります。
どんどん雨が強くなっている中でのピットアウト!!
ですがエア圧のせいなのか意外とクリップします。
このセッションのタイムは1,01,6トップは1,00,0少しは差が縮まりました。

雨の走り方も少しはつかみかけてきました。

今のところの自分のイメージでは、ドライは早め早めにロールを仕掛けて
アクセルONよりもコーナーリング速度重視のほうがいい!

雨だと1コーナーのターンイン、S1の立ち上がり、逆バンクのところに川ができるため、
ロールさせっ放し状態で飛び込むといきなりオーバーになって危ないため、
出来るだけ直線で入っていった方がいい。

とりあえず、今のところ1、6秒差!

このイメージをしっかりとノートに書きとめ、金曜日の練習を終わりました。
次の日も雨の予報だったため、レインの準備をして、早めにサーキットを後にします。

そしてなんと今日は、撮影のために、はるばる北海道から三浦さんが来てくれるという
事なので中部国際空港に、迎えに行きました。遠いところわざわざ来て頂いて、
本当にありがとうございました。
171.jpg

この日は鈴鹿のホテルで明日の撮影の打ち合わせてをして就寝です。

いきなり、ドライでの予選は勘弁して欲しいので、

1本でもいい!!!明日は晴れますように!!


10月15日(クラブマン特別走行)土曜日

朝目が覚めると、前日の願いも虚しく・・・雨が降っていました。

こんなのでいつまでもヘコんでいてもしょうがないので、どうせなら当日も降ってくれ!!
と願いコースに出かけました。

この日も多台数なためS‐FJの走行枠は3本!!

今日の練習が終われば明日の午前中にはもう予選なので、昨日の1,6秒を今日のうちに
なんとかしなくてはなりません!!

もう3本しかないので、出来ることは何でもしよう!!
そう思い、一本目の前に昨日のデータをしっかりと見てイメージを作り、ピットアウトします。

意外と雨量も少なくて走りやすく、タイムは1,01,00
そして、トップタイムは59,8。

あと1,2秒!!少しづつ追いついて行きます。
始めの頃は練習中に抜かれるとアッというまに見えなくなっていたのが、この頃には2~3周
くらいはそれなりについていけるようになっていました。

イメージの方向も間違いではないこと事がわかったので、もっともっと走りを追求するようにし、
セットはそのままで2本目に向かう事にしました。

2本目までは2時間くらい間があるので、前回にも紹介したF4ドライバーの中野君に、
サーキットカートでロードコースに出てドライの時のライン取りを教えてもらうことにしました。
139.jpg

雨の中ありがとうございます。

ドライのイメージをしっかりとノートに書きとめ、とりあえず今は雨なので忘れます。

2本目のピットアウト前にまたまた」スコール!!
どうせならもっと降れ!!
そう思いながらピットアウトします。

雨量が多いわりに意外とタイムが落ちません・・・
ベストは1,01,22 トップタイム1,00,20!!

あと1秒!!
2本目の走行時間も残り15分ころ!!
急にグリップが悪くなります、さっきまで1,01秒台でラップしていたのが
15分過ぎくらいから1,02~1,03台に落ちていきます。
気持ちも焦ってきたのか、1コーナーの飛び込みでスピン!!
コース復帰したらタイヤがパンクしていました(汗)
とりあえず、これで2本目は終了・・・

明日の予選まで練習出来るのはあと1本!!

出来る事は全てやっておこうと思い、社長とまたセッティング会議です。
結果、フロント、リア、共にスプリングを柔らかくしていく事にしました!!

そして3本目の走行が始まりピットアウトです。
158.jpg

雨では同じチームの韓国人のイム君がいつもトップタイムなので、とにかく
彼についていく作戦です。

すると、意外に離れなく5~6周くらいはついていけました。
それもそのハズ!!

ドライ時にどんどん固めにしていったわけですから、レインでは柔らかくして
いった方がいいに決まってます。

タイムもトップが59,9に対し自分は1,00,60!!
いよいよ0,6差!!

なんとなく雨での走り方がわかった気がしました。

明日はいよいよ予選!!
トップタイムから0,6秒ありますが、全員フレッシュタイヤで
出ていけばまだまだわからないので、気持ちを切らさずに頑張りたいと思います。

このあとは明日の準備をして、早めに解散しました。
169.jpg


いきなり予選がドライは、キツすぎる!!!


明日は雨が降りますように・・・。


次回はいよいよレース当日の模様を書いていきますので、
またよろしくお願いします。

後、今回のブログは、僕があまりにもPCの打ち込みが遅いため、
途中から岡村君に打って貰いました・・・・(-_-;)
ありがとうございます(#^.^#)


フォーミュラ相談室


NCMLスプリントシリーズ














塾長のフォーミュラー参戦記7

こんにちわ!
レーシングスクール塾長です。
昨日は難しいコンディションの中でのレーシングスクール、
お疲れ様でした。
手ごたえがあった人、無かった人、いろいろだとは思いますが、
全員、何かしらの課題は見つかったと思います。

どんなことでもそうですが、課題が見つかれば、
それに対して対策を練り、次の機会に試す!!!
そうやって、自分の目標を達成していけば、
楽しいですし、レース以外の事にも、きっと役に立つと思います。


僕も前回の鈴鹿の練習で、課題がたくさんあったので、
次の練習に向けて、毎晩のようにデータロガーでイメトレしてます。
P1020076.jpg
これで結果も付いてくれば最高なんですけどね!(笑)


そんな感じで10月4日、
練習不足を補う為に、富士スピードウェイに行って来ました!
P1020077.jpg


富士も、サーキットライセンスを、
持っていなかった為、また電話で交渉して、
当日の朝に講習をして貰い、ライセンスを取得しました。

この日テイクファーストで走らせるマシンは
F4一台と自分のS-FJ一台です。
P1020078.jpg


今日の走行は、40分×3本!!!
走行前に、前回との変更点を社長に確認します。

前回からの変更点

・フロントのスプリング  
400ポンド⇒450ポンド

・リアのスプリング
450ポンド⇒500ポンド

タイヤは、このコースでレースするわけではないので、
前回使用した、タイヤで走ることにしました。

変更点を確認したら、準備をしてさっそく走行開始です。


1本目
一本目は、初コース(旧コースは走った事あります)&雨上がりのハーフウェットだった為、
序盤はかなり慎重に周回しました。
3~4周もすれば、グリップのいいとこ悪いとこが、
なんとなく分かってきたので、攻め込み始めます。
前回から、前後のスプリングを50ポンドづつ硬くしましたが、
感覚的にはまだ、柔らかい感じがしました・・・・(特にリアが)
ですが、前回の鈴鹿よりは、スムーズに走れた気がしました。

気になるタイムは・・・・

1.58.60

そして・・・トップタイムは・・・!?

1.55.50

【初コース1本目】、【ボロタイヤ】での3秒差!!!
正直もっと差があると思っていたので、
俺も普通に乗れるんだなと思い、少しホッとしました。

毎回なのですが、走行が終わったら、
自分なりにコースの攻め方をノートにまとめます。


1コーナー
150m看板過ぎからフルブレーキ!!
2速で、出来るだけコーナーリング速度を高めに、
バランススロットルか全開!!!


Aコーナー
ハーフウェットなら3速!!完全ドライなら4速かな!?
ここも出来るだけ最低速度を落とさずに、
リアがふらつくようなら、早めのバランススロットルで通過する!


100R
1本目はパーシャルでだらだら走ってしまったが、
出来れば斜めに真っ直ぐ突っ込みながらブレーキングして、
V字に向きを変えてからヘアピンに向けて脱出したほうがいいと思う。
ハーフウェットなら(3速)ドライなら(4速)かな!?
ここのコーナーは、横Gのかかり過ぎで、ロールオーバーになるので、
リアはもっと硬いと、早いコーナーリングが出来るようになると思う!


ヘアピン
ここは入口が狭いわりに、出口が広いので、
進入速度をどんどん上げていこう!
アクセルも向きが変わりきる前から、早め早めに全開にする!!!
(3速)


Bコーナー
上のアーチを過ぎてから、フルブレーキ!!!
1本目は、アーチの手前だったけど、まだ余裕があった!!!
しっかりフットブレーキを使い、初期で止めてから、
2速で進入!!!ここはしっかりと向きを変えて、
バランススロットルから加速に入る!


Bコーナーの次
ここは、入口が広いわりに、出口が狭く、
しかも出口は逆バンク状態になっている為、
立ち上がりでリアのグリップに併せて、アクセルを踏まないと、
リアが滑りやすいので、繊細にアクセルオンする。(3速)


Bコーナーの次の次
ここも前のコーナーと同じで、3速のまま出来るだけ最低速度を落とさずに、
立ち上がりオーバーにならないように繊細に、アクセルを扱う!!!


最終コーナー
ここはホームストレートに繋がる、大事なコーナー!!!
しっかりと向きを変え、出来るだけ手前から2速でアクセルオン!!!
(グリップが良くなれば、3速もありかな!?)


こうして自分なりの、コースの攻略マニュアルを作ったら、
つぎは社長を捕まえ、またセッティング会議です!
フロント、リア、共にまだ柔らかい感じがしたので、
若干変更をしてもらい、2本目に向かいました。
(フロントプリロード半回転プラス)
(リアダンパー3ノッチハード)
P1020081.jpg


2本目
全体的には、進入でリアが落ち着き、
立ち上がりでの安定感が増した!!!
でも、まだ足りない気がした!

タイム1.57.10

今のところ、トップタイムから2秒ちょっと・・・
鈴鹿から比べるといい感じです!!!

もっと早く走るためには、進入でもっと早く!
立ち上がりももっと手前からアクセルオンしなくてはならない!

全てのコーナーで、全部は取れないので、攻めやすいように
もっと単純に整理してみました。

進入重視
Aコーナー、100R、
Bコーナー(ブレーキ)、Bの次の次

立ち上がり重視
ヘアピン、最終コーナー


まあ、いいか悪いかは分かりませんが、僕の場合は、初コースに出る時、
やることが多いので、あまり複雑に考えないようにしてます。
あまり器用な方ではないので、初コースを攻める時も、まずは
進入重視コーナー、立ち上がり重視コーナーの2つに分けて考え、
その中で、セッティングを煮詰めてから、走りを追求するようにしています。
どんなコースに行っても、自分なりの攻略法があると、自分のペースで、
進められるので、慌てずにすみますよ。


こんな感じで2本目も終了し、本日最後の3本目まで
2時間ほど時間があるので休憩です。

F4の方でも、真剣にセッティング会議をしています。
P1020083_20111011161957.jpg
上の写真は、テイクの社長とF4ドライバーの中野君!!!
中野君には、走り方を教わったり、ロガーのデータを貰ったりと、何かとお世話になってます!
ちなみに、この中野君は若干18歳!!!
去年は現役高校生で、鈴鹿のS-FJのチャンピオンになったつわものです!!!
是非、F1ドライバーになってほしいですね!


休憩中、僕もデータロガーで、必死に勉強します。
P1020082.jpg
次は、進入をもっと攻めて、立ち上がりも頑張ろう!!!

調子も結構良かったので、社長から、「次はタイヤ替えて行ってみようか!?」なんて言われました。
タイヤを替えれば、トップタイムも狙えるかも?
テンションが上がります!!!!


すると、ピットの外から中野君の声が・・・・



「雨が・・・・・」



エェーーーッ↓↓↓
路面がすでにビショビショでした。

こういう時いつも思うのですが・・・・・・


上がったテンション返せ!!!

ホント、そう思いました!
ですが、せっかく富士まで来て、走らないわけには行かない!!!
そうと決まったら、レインタイヤに履き替えて、3本目に向かいます。


3本目
S-FJで始めてのレインタイヤ!!!
2本目に富士の走り方や、セッティングを掴みかけていたので、
3本目に雨が降ってきたのは、ホント残念でしたが、考え方を変えれば、
レースウィークに、沢山の台数の中に入る前に、レインタイヤを経験できるのは、
ある意味【ラッキー】だと思い、とりあえず、マシンのセットは2本目から変えずに、
ピットアウト。


すると・・・・


意外とグリップします。
ドライとは違い、横方向にはまったくグリップしないので、
とにかくタイヤをタテにタテに使いました。


すると、なんとこのセッションで、トップタイム・・・・!?

エッ!?

少し驚きましたが、みんなが同一条件でじゃないので、
あまり一喜一憂しないようにしました。

でも、これでハッキリした事がります。
やはり、自分の考えていた通り、柔らかすぎです!!!
やけに乗りやすいと思っていました!
僕の経験だと、ドライのベストセッティングでレインを走ると、

・ブレーキはタイヤがロックしやすく止まらない!

・ターンインでは、フロントが入らない!

・立ち上がりはリアが食わない

はずなのですが、そんな事はなく、結構乗りやすかったです。
ということは、前後とも柔らかすぎということになります・・・・!

【雨降って地固まる】とはまさにこの事!!!
これでセットの方向性に確信をもって、レースウィークにのぞむ事ができそうです。

この事を、社長に説明して、富士スピードウェイの練習を終わりました。

次回からはいよいよレースウィーク!!!
練習も皆と同じようなパッケージで、
どんな言い訳も出来ません・・・・・

どんな事があっても、後悔の無いようにやってくるので、
次回のブログもまたヨロシクお願いします!


フォーミュラ相談室

塾長のフォーミュラー参戦記6

こんにちわ!
レーシングスクール塾長です。
レース当日まで、あと8日!!
時間もあまりないので、
ここからはサクサク書いていきますので、
皆さんヨロシクお願いします。


9月27日(走行日2日目)
この日は再来週のF1の準備の為、メインピットが使えないと言う事で、西ピットスタートです。
メインとは違い、ちょっと寂しい感じですね!
P1020069.jpg

今日も9:05分に1本目スタートなので
7:30にはサーキット入りして、準備します。
走る前に、前回との変更点を社長に確認しました!!!

すると......!?

前回はいろいろあり、走行時間が短かったため、
今回もシェイクダウンの続きだそうです....(汗)

今回こそは、シリーズ出ている人達と同じようなパッケージで走れると思っていたので
少し残念でしたが、これも、確実に一歩づつ前進する為
と思い、気持ちを切り替えます。
社長にも、「タイヤも相当キツイから、タイムは気にするな」と言われ、少し落ち着きました!!!

そしていよいよ1本目の走行です。

1本目

シェイクダウンとは言え、先日立てた走行プランから変更はありません!!!
まずは2周くらい軽くウォーミングアップをしたら、
さっそくブレーキの限界を確かめ始めます。
ヘアピン、シケインとハードブレーキポイントで、初期タッチをどんどん強くしていきました。
すると、フロントからロックしていく事が、分かったので、ブレーキバランスを、リア寄りにします。
タイヤも違うので、何とも言えませんが.......!!!まあ、いい感じになりホームストレートで残り時間を確認すると、
残り12分!!!

そのままアタックに入ります!!!!

もう2日目なので、恐怖はそんなにありません!
マシンの挙動もなんとなく分かるようになってきました。
そのまま4週ほどアタックして、1本目は終了!!!

このセッションのタイムは.....

2.22.00

そして、トップタイムは......

2.17.50

シェイクダウンの事、タイヤの事、セッティングの事などを考えると、
1本目にしてはこんなもんかなと思い、納得しました。

1本目でマシンの動きに関して、気になる点が3つほど.......
P1020073.jpg



ターンインの反応はいいのだけれど、進入のスピードを上げていけば、
リアがピーキーに反応し、オーバー傾向が強くなる!!!


どこのコーナーの立ち上がりでも、コーナーリングの速度を上げていけば、
プッシングアンダーが強く、外に外に逃げていく!!!


高速コーナーのコーナーリング後半で、
ロールしすぎの、腰砕けオーバーになる!!!

これらの事を、メカニックに伝えセッティングしてもらう事に!!!


すると....!?


テイクファーストでは、スプリングをあまりいじらないみたいなので、
リアのウィングを立てて、リアのキャンバーを立てました!!!
P1020072.jpg

とりあえず、僕の中ではやったことのないノウハウなので
少し不安でしたが、「症状が治まるなら」と思い2本目に向かいます。


2本目
1コーナーを曲がった瞬間にすぐに分かりました!!!
【さっきよりもリアが安定している!!!】

これはイケる.....!

コーナーの進入速度を上げて行き、ドンドン攻め込みます!!!
タイムも2.21.40が出たところで......

130Rで飛び出しました......(汗)

原因は、リアのロールしすぎで、いわゆる
【腰砕け状態】に入り、制御不能になりました.....(汗)

とりあえずこれで、2本目は終了です。
やはり、サスペンションの柔らか過ぎは、間違ってはいなかったみたいです。
さらには、進入が良くなった分、プッシングアンダーもさらに強くなり、
今度こそリアのスプリングを硬くしようと思いました。

ところが、この日はサーキットに他のスプリングを持ってきてなかったらしく、
とりあえず、リアのダンパーを、3ノッチハードにして3本目に向かいます!!!


3本目
2本目との違いが分かりずらかったのですが、
立ち上がりのプッシングアンダーは、良くなっている気がしました。
そしてこのセッションのタイムは、2.21.00!!!
ベスト更新!!!
タイヤもシェイクダウン用のボロタイヤを、2日間も履き続けているので、
相当厳しくなってきている事を考慮すると、
セットの方向性は合っているのだと、思いました!!!
ちなみに、このセッションのトップタイムは2.17.00!
何とか4秒差!!!
ボロタイヤながら、なんとか手ごたえを掴んではきましたが、やはり前後ともまだ柔らかい!!!

ですが、スプリング以外をあまり触りたく無かったので、
これ以上セットの事には触れずに4本目に向かうことにしました。

4本目のプランは今までの個人テストから変えて、
とにかく早い人たちについていく事にしました。

そうと決まれば、誰よりも先頭に並んでピットアウトします。


4本目
スタートしてからは、抜かれてはついていき抜かれてはついていきを、繰り返し、
ライン取りやブレーキングポイントなど、色々勉強になります。
このセッションの自己ベストは、2.20.60!!!
またまたベスト更新です!
あと3秒差!!!
「これで何とかレースになるかな!?」
そう思えた4本目でした!


走行が終わったあとは、また当然のように、社長とセッティングの話を詰め、
次回のセッティングの方向性を決め、2日目の走行を終わりました。

帰り際に社長から、「来週F4のテストで、富士に行くから、一緒に行くか?」と言われました。
スケジュール的に結構厳しかったのですが、レースまであまり時間も無いですし、
せっかくレースに出るのだから、妥協はしたくないと思い、富士行きを決めました!!!

9年前に小林可夢偉とフォーミュラートヨタで、
デビューして以来の富士スピードウェイ!!!

あっちはF1ドライバーでぼくはしがないレンタルカーター......

ものすごい差がついてしまいましたが.....(汗)

とりあえず楽しみです。
そんな感じでテンションが上がりながら、
この日も最終便で中部国際空港から帰りました。


総括
今回練習に来て、大きく感じた事がある!!!
それは、いままでレンタルカートやレーシングカートで、
勝ちを意識するあまり、LAPの安定感やバトルの強さを磨こうとしすぎで、
知らず知らずのうちに、自分のドライビングの枠を狭くしている事に気づかされた!
FJをやっている子達は、ある意味自分の人生を賭けてやっている!!!
だから、コーナー1つ1つの気合が、自分とは全然違った!!!
彼らにとって、【車を前に】とか【安定したLAP】とかは、関係ないように感じた!
そんな彼らを見ていて気づかされたのが、
(思いださせてもらった方が近いかな!?)
ドライビングテクニックとは、
そうやって常に自分の限界に挑戦し続けなければ、
枠なんて広がらないと言う事!!!

今回この2日間で限界に挑戦し続けるという事に気づかされたので、
次回からは意識して実行するようにする!
レースまでそんなに時間があるわけでもないので、
今の自分のタイムが遅くても、終わった後に後悔しないようにセッティングの事や、
ドライビングの事など、積極的にメカに伝えるようにする!
遅いからと言って、絶対い引っ込み思案にならずにガンガン行くこと!!!!


以上をもって第2日目の練習を終わります!!!
次回は富士スピードウェイの練習状況を書きますので、またよろしくお願いします!



NCMLレーシングスクール

フォーミュラ相談室









塾長のフォーミュラー参戦記5

前回の参戦記4は、帰ってきたばかりと言う事もあって、
かなり手短に書かせていただきました。
(決して手抜きではありません...)
今回は自分の練習にいっぱいいっぱいだった為、
あまり写真を取る事が、できませんでした。(スイマセン)
文章もムチャクチャ長いので、
めんどくさいと思ったらスルーして下さい....(汗)


それでは、参戦記5のはじまりはじまり~↑↑↑


9月24日(走行1日目、シェイクダウン)

この日は、1本目の走行が、9:05からだった為、
7:30にはサーキット入りします。
コースに着いたら、マシンにガソリンを入れ、
走行件を買って、いよいよ1本目の走行開始です。
P1020071.jpg


1本目


久しぶりのフォーミュラー、久しぶりのロードコース!!!
P1020041_20111004190125.jpg

1コーナーを回って、まず始めに感じた事は、とにかく恐い!!!
8年前、本当にこのカテゴリーを、やっていたのかと、自分を疑ってしまうくらい恐かったです。
普段感じることの無い、Gや、その中でどんな動きをするか、予測できないマシン.....
正直、1本目の走行では、慣れる事にいっぱいいっぱいで
何も出来ませんでした.....(汗)
参戦記3では、いろいろな事を試そうと思い、
偉そうな事をたくさん書きましたが、そんなに甘くはなかったみたいです。

ちなみにこのセッションのトップタイムはと言うと...

2.17.05

そして僕はというと...

2.25.06


8秒差....いくらシェイクダウンとはいえ、

差がありすぎでしょ!!!


ショックが大きかったですが、とりあえず、冷静に分析します。




 自分⇒まだまだ攻めることが出来る!!
        馴れてくれば、ウデだけで3秒~5秒は縮める事が出来るだろう!
        もっともっと攻めて、早くマシンの限界に馴れなければならない!!!


 タイヤ⇒チームの社長に確認したところ、
        今自分が使っている物は、1年前のものらしく、
        トップ連中と同条件なら、1秒~2秒前後は縮まるらしい!!!


 エンジン⇒
P1020065.jpg
エンジンもシェイクダウンな為、まだまだ重く、
        データロガーで確認したところ、1コーナーのブレーキング手前で、7キロ差!!!
        今日はエンジンシェイクダウンということもあって、
        4速と5速にロングにギアが入っていたため、ノーマルに戻したら、1秒くらいは縮まる!!!
P1020070.jpg

あとは走りながら、フレッシュタイヤに併せたセッティングを、見つけていけば、なんとかなるかな!


こんな感じで、見た目の8秒差にもあまりビビらないように、
まず今の自分をしっかりと知り、トップ集団に追いつく為には、
そこまでの階段が何段あるのかを知ることが、とても大事だと思う!
何段あるかわかれば、後は一段一段確実に登るのみ!!!


1本目の分析が終われば、またマシン準備をして、10:15から2本目の走行開始です。

2本目

1つ目の階段!!!まずは、マシンに馴れる事!!! その為にはビビらない事!!!
1周目から気合を入れてガンガン攻めます!
タイムも1周目から2.25.00!!

5週目には2.23.05!!!

「よ~しッ!このまま2.20.00秒、切っちまえ~↑↑↑」

と思いきや、いきなり左のターンインの反応が悪くなります。
走れば走るほど、どんどん曲がらなくなっていくので、緊急ピットイン!!!
原因は、右フロントのアップライトとアームを繋いでいるボルトが折れていました....(汗)
そんなんで、2本目は5周で終わり...!!!
マシンに馴れかけていた分、ちょっと残念でしたが、
シェイクダウンなので仕方ないと思って、気持ちを切り替えました!!!


2本目と3本目の間には、2時間半くらい空くので、ガソリンを買いに行ったり、昼食を取ったりと、少し休憩します。

すると意外と体が疲れていることに気がつきました…
毎週のようにレンタルカートを何時間も乗っているので乗る体力には自身があったのですがここもそんなに甘くは無かったようです。
そうこうしているうちに休憩が終わり3本目の走行開始です。


3本目
2本目の続きをします。


まずはマシンとコースに馴れます。
3本目も2本目同様1周目から前回です。

タイムも1周目から2:24.09


5周目には2:22.90


さぁこれから~↑↑↑


6周目のホームストレートを通過した時!!


何と…


赤旗?…


えっ!?


どうやらS1で重度の多重クラッシュがあったため3本目は赤旗中断


そんなぁ~↓↓↓


自分の運の無さを嘆きましたが週末なので色々なカテゴリーの車が走っていることだしまっこんなものかと思い気持ちを切り替えました。


2本目3本目と少ない周回数でしたが多少なりともマシンになれることができました。


今日の勝負ところは4本目


とにかく今の車で何秒なのか!?
次は全力で攻めてみよう…!


そう心に決め4本目の準備をします。


そしていよいよ4本目の走行
今度は何も起こらないことを祈りつつピットアウトをします。


4本目

1コーナー、デグナー1つ目、スプーン進入、130R、高速化コーナーをちびりそうになりながら突っ込みます。


タイムは?


2:21.90


エッ!?


こんなもん...!?


正直もっと出ると思っていたので結構ガッカリでした。


ちなみにこの日のTOPタイムは2:16.90


でも大丈夫。


その日のタイムで一喜一憂しません。
今日はあくまでもシェイクダウンなので実はあまり気にしていないのです。


F1とかでもそうなのですが金曜日の1番時計が土曜日の予選でポールポジションとはかぎらないのです。
そういう風に自分の心を整えたら次はまたまた分析にはいります。


まずはチームの社長をつかまえ気になる部分を根掘り葉掘り聞き出しました。
社長の話によるとTOPと同じ道具をそろえるだけで3~4秒は縮まるということ。
後は自分のドライビングをもっと向上させフレッシュタイヤに併せたマシンのセッティングをつめていけばTOP争いも出来るはずだ。そう信じてメカの人たちとミーティングをし初日の走行を終わりました。


次回の走行プラン


①今回はロックさせるのが恐くてできなかったのでブレーキの限界を確かめる。


②タイヤが違うので正確にはできないがセットの方向性をだす。


③TOP連中とは4~5秒あるがものがちがうのでついていってみる。


もっともっとやりたいことがあるけれどあんまり欲張っても出来ないのでとりあえずこの辺で。



次回は走行日2日目を書くのでよろしくお願いします。


NCMLレーシングスクール

フォーミュラ相談室









テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : スーパーFJ 鈴鹿 北海道 フォーミュラ NCML 新千歳モーターランド レーシングスクール

プロフィール

新千歳モーターランド

Author:新千歳モーターランド
新千歳モーターランドBlogへようこそ。

最新動画
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ガソリン価格情報

gogo.gs
カウンター
PICK UPイベント

レンタルカート貸切レース受付中

仲間内でわいわいとカートでレースしてみませんか?

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
新千歳モーターランドMAP
新千歳モーターランドMAP
より大きな地図で 新千歳モーターランド を表示 新千歳モーターランド・ダートコースMAP
より大きな地図で 新千歳モーターランド・ダートコース を表示
新千歳モーターランド携帯用サイト
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。