スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 ENJOY SPORT KART WINTER FESTIVAL IN 鈴鹿サーキット国際南コース参戦記

決勝レース編


みなさん、こんにちは、大門軍団のM戸です。
『前日練習編』いかがでしたか? 人生初ブログなので、わかりづらいところがあるかもしれませんが、大目にみてくださいね。 
今回も前回に引き続きまして、12月8日に開催されました、 ENJOY SPORT KARTシリーズの最終戦、
『2013 ENJOY SPORT KART WINTER FESTIVAL IN 鈴鹿サーキット国際南コース』のお話しをさせていただきます。
suzuka7.jpg
さて、レース当日。
朝目覚めて、カーテンを開けてみると、窓ガラスに水滴が・・・。寝てる間に一雨あったようです。
レインかなー・・・なんて思いながら、コースに向かうと、コース上はしっとり濡れておりました。雨はもう止んでましたけど。
スケジュール的には、決勝レースの前に50分間の練習走行兼T.Tなので、まあーいっぺんに50台も走れば乾くかなーという感じでした。
suzuka8.jpg
前日の練習日とは違って、当日は、他のチームのみなさんもレースモードになっていて、検量やらセッティングやらで、
ピット内は臨戦態勢って感じがひしひしと伝わってまいりました。
ほんと、この雰囲気いいですよねー!!絶対現場でしか味わえない空気感。たまらんなー!!
suzuka9.jpg
我々のチームも受付をすませて、ゼッケンを付けたりセットを少し変えたりニュータイヤにしたりして、準備をととのえて、
若干遅れてコースイン!
suzuka10.jpg
T.Tは塾長がいくことにしていたので、塾長はラストバッターということで、練習走行のトップバッターは、地元のハヤト君からです。


まだ路面は、完全なウエット状態で、タイヤはスリックだったので、みんな探るような走りをしてました。


ところが、ハヤト君、序盤からすごい勢いでタイムを更新し続け、気づけばクラス上の車にも1秒近い差をつけて


クラス総合のトップタイムで走り続けていました。さすが地元ドライバーって感じで見てて頼もしかったなー。


路面コンディションは時間が経つにつれて、ドライの方向になっていき、ハヤト君が帰ってくるころには、


前日タイムの1,5秒落ちくらいまで回復してました。


次は僕の番です。ウエットは得意だと自負してるので、ハヤト君には負けられません!!
よーし!! 昨日のタイムをぶち抜くぞー!!!



ピットロードからアクセルを踏み込んで発進!! すると・・・・・・。ブルーン!!!


あれっ!! またっ前に進まないんですけどー・・・!! これって、まさかっ・・・。えーーーまたー!!!
はいそうです。また、チェーンが外れてしまいました。懸念されてたチェーン問題です。


すぐにパドックに移動して、緊急オペをしました。この時点で、残り時間は20分を切っており、路面も良くなってきたので、


他のチームが次々とタイムを更新していって、ハヤト君が出したタイムもどんどん塗り替えられていきました。
このまま練習時間終了かなと思ったのですが、N林君とサトシ君の素早い作業でなんとかコースには出られそうな状態になりました。

残り時間が少なかったので、僕の時間をあきらめ、塾長に託すことになりました。


塾長、渾身のタイムアタック!!


ところが・・・。なかなかタイムが上がってこない・・・。お、おい大丈夫かねー? 遅っせーっ!!


ストレートで他のチームにガンガン抜かれていくし、塾長乗れてないのかー? 昨日、あまり練習できなかったしなー・・・。


なんて考えたりして、チーム員みんなで心配して見守っておりました。


結局、掲示板に表示されることなく、練習時間兼T.Tはチェッカーが振られて終了となりました。


何番手ぐらいなのかなー・・・


どうやら、アクセルワイヤーがゆるんで、全開にならなかったみたいですね。これは、いたしかたないですよね。

決勝レースがスタートされるまで、少し時間があったので、きっちりとマシンの整備をすませて万全の状態に!!

ここで、レギュレーションについて少し説明しておきます。


このレースはウエイトハンデを少なくするために、重量規定がありまして、ドライバーの平均体重プラス車両重量の合計が、155㎏以上になるようにしなければならないのです。


スターターはチームの中で最重量のものがやることと規定があるため、3人の中で一番重たい僕がやることになりました。


まあ、うちのチームの場合は体重差といっても、3㎏くらいしかないんですけどね。


それから、、1回に給油できるガソリンの量は2リットルで、各チームは、給油のタイミングを計りながら走る必要があるのです。


給油のタイミング=ドライバー交代だと思ってください。


今回うちのチームの場合、30周から40周くらいのあいだで、給油タイミングかなという感じでした。


これは、各チームによって違ってくるので、チーム戦略の大事な部分だと思います。

バタバタとしてるうちに、いよいよスタートの時間が迫ってきました。


T.Tの結果、我々のチームは30番グリットスタートとなりました。トラブル抱えてこのグリットはいいほうかな・・・。


あの状態でタイム出すって塾長地味に凄かったのね!!やっぱり!!


そうそう、コースインして、グリットに着くためにコースを1周するのですが、そのとき2回ほどスピンしたことは、省略しときますww


スターティンググリットについて前をみてみると当然ですが前には29台の車が・・・。


一番前まで遠いなー!!1番手の車ははるかかなた、肉眼では見えないほどです(盛りすぎかなww)。


まあ、1周1台ずつ抜けばトップにでるな~。なんて軽ーく考えて、リラックスリラックス。(ほんとはちょっとヤバいって思ってました)


30番グリットって普段のレースなら、ダントツの最後尾くらいの位置なのですが、


後ろを見てみると、な、なんと、20台も車が並んでいるではありませんかー!!


30番で中盤よりやや後方って・・・やっぱりこのレースすごいなー!!


グリットに並んでるだけでわくわくしてきますねー!!


カートが50台並んでる姿って、圧巻ですよー!! テンションマーックス!!
suzuka11.jpg
さあ、いよいよスタート5分前の合図、ガヤガヤしてた場内は静まり返り、緊迫した空気が一気に押し寄せました。
僕はいつもスタートの前は、全体の動きをいくつか想像して、あらゆる展開にも対応できるように心がけているのですが、
今回もわりと冷静にスタート直後の展開を読むことができました。こういうのって、NCMLでおこなわれているバトルデーとかが、
いい練習になってたのかななんて思ったりしてます。

そして、ついに、レッドシグナルが点り、まわりのエンジン音が一気にあがり、ブラックアウト!! スタートーッッ!!
suzuka12.jpg
前の車があまりいい加速しなかったので、いったんアクセルをゆるめて、全体の動きを観察しながらスペースを見つけようとしてみました。

さすがに、30台くらい前で競ってるとストレート上にスペースはなかったのですが、それでもなんとか1台分のラインが見えたので、そこを走ろうって決めました。だれも邪魔すんじゃねーぞ!!ってオーラだしながらww!
接触したり出遅れたりした車をストレートで5台分くらいパスして、1コーナーに飛び込んでいきます。
おりゃー!!気合の進入!!
 
目の前や横で、ぶつかったりスピンしたりしてる車が何台かいたのですが、なんとか無事1コーナーを抜け、そのまま、何台かパスしながら、オープニングラップをクリア。1周してちょっとホッとしました。
いたるところでバトルやってるので、前の車がペース上がらないなか、冷静に1台ずつ抜いていき、気がつけば、10周くらい経った頃には、シングルポジションまで、順位を上げていました。なんか自分でも不思議なくらいサクサク抜けました。

コースアウトしたり、動けなくなった車も何台か出てきて、バトルロワイヤルの様相です。

このレースってこんなに激しいんだー!!ってちょっとびっくりしながら、クラッシュに巻き込まれないように気をつけました。

すると、12周くらいだっかかなあ・・・。最終コーナーで多重クラッシュによりセーフティーカーが入ることに・・・

セーフティーカーって、カートで先導するんじゃなくて、本物の車なのねー!!さすが鈴鹿だなーって、ちょっと感動しちゃいましたね。

スロー走行に移り、この時点で前には、6,7台の車がいるだけという状況。つまり、22,3台抜きー!!あれー、これって、いけるんじゃねー!!

なんて思いながら、再スタートのタイミングを計っていました。はやくスタートしてー!! 
そして、クラッシュした車も撤収され、いよいよ再スタートかー!!ってことで、よーしタイヤ暖めようって(やめときゃよかったのに・・・)

タイヤ暖めようとしてハンドルきった瞬間です。あれー!!車が思ったよりも横を向き、立て直す間もなく、なんと、スピーンッ!!!

セーフティーカー先導中にスピーンッ!! やってもーたーッッ!!どうしよう・・・

いきなりピンチ到来です。すぐにコース復帰しようとしましたが、何十台もの車が数珠つなぎ・・・だれか入れてーって、半ば強引に隊列に割り込みました。20番くらいまで落ちたかな・・・。

パドックで見守るチームメイトに、ごめんなさいって、手で何回もジェスチャーしました。ピットに戻りたくないよー!!

そんなことを思いながら、走り続け、なんとかスピンする前の順位まで回復して、給油とドライバー交代のためピットイン。

そのあと、臨時説教部屋が設けられたことは言うまでもありません・・・。((+_+))

そのあとハヤト君、塾長の卒なく安定した走りで、順位はどんどん上がっていき、レースの中盤のころには、
な、なんと総合で1位に浮上しているではありませんかー!!

その後も2位との差をぐんぐん広げていきました。これは、もしかして、もしかして・・・あるかも・・・。
チーム全員があることを意識していた時でした。主催者が、僕たちのところに近づいてきました。うーん、ちょっとやな予感!!

すると、なにやら車両規定について説明をしはじめまして、どうやら、どこかのチームから指摘があったということで、うちのチームが、レギュレーション違反してるんじゃないかということでした。

具体的には、マフラーが純正品でないことが問題らしいんです。たしかに、マフラーは社外品に交換してましたけどね・・・。

グループAは基本ノーマルクラスなので、言われてみると確かに改造という解釈もなりたつような・・・。(レギュレーションにマフラー交換についての記載はなかったような・・・)

とにかく、主催者側の裁定ですから、従うよりほかなく、ピットでのマフラー交換の指示と、それとは別に、150秒のピット停止ペナルティが課せられました。

これは、決定的でしたね・・・。トータルで6分以上はロスしましたから・・・

ペナルティを消化した時点で、優勝戦線からは完全にはずれ、そのあとなんとか順位を上げていきましたが、結局、終わってみれば18位でフィニッシュという結果。(=_=) (トップとは6周差)

マフラー変えてもそれほどタイムに影響がなかったので、ほんともったいなかったなーって思いました。

ペナルティーがなければひょっとしてとか、ついつい思っちゃいますよね。やっぱり。

レースは結果がすべてで、たらればとかないんですけどねー。負けは負けですから。

suzuka13.jpg
僕たちのレースはあっけない幕切れでしたが、このさきにつながる何かは確かに実感できたと思います。

そして、なによりも楽しめたことが良かったなー。ほんと!!(^-^)

コースをあとにして、疲れがどっときちゃいました。でも、まだ、走り足りない気分です。でも次の会場に・・・。

そうです!!レース後は、やっぱり、打ち上げです。みんな悔しさやら達成感やらさまざまな思いを抱きながらも、
ワイワイガヤガヤ盛り上がりました。

レースと打ち上げってセットですよね。レース後のビールっておいしいなー!!

そして、やっぱり、楽しーっ!!



最後に今回こんな楽しいイベントに参加させてもらって、本当に良かったと思います。心の底から楽しめた週末でした。

あっという間に時間は楽しい時間が過ぎて行きました。ほんと楽しめたなー!!

またいつか参加できる機会があればぜひ参加したいと思えるレースでしたし、いろいろなことを体験できたことは、
一生の思い出になると思います。

こんな楽しい時間を作ってくれたNCMLのみなさん、チームのみんな、本当にありがとうございました。


みなさんご愛読ありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ : レーシングカート・レンタルカート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

新千歳モーターランド

Author:新千歳モーターランド
新千歳モーターランドBlogへようこそ。

最新動画
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ガソリン価格情報

gogo.gs
カウンター
PICK UPイベント

レンタルカート貸切レース受付中

仲間内でわいわいとカートでレースしてみませんか?

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
新千歳モーターランドMAP
新千歳モーターランドMAP
より大きな地図で 新千歳モーターランド を表示 新千歳モーターランド・ダートコースMAP
より大きな地図で 新千歳モーターランド・ダートコース を表示
新千歳モーターランド携帯用サイト
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。